スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実験魚道の遡上数

魚道実験遡上数9月22日発表

9月22日に発表された、実験魚道のサクラマス遡上数です(速報値)。
19日以後、実験魚道をのぼるサクラマスの数が、目立って増加していることがわかります。

また一方で、実験魚道の120メートル下流の淵に多数のサクラマスが群れており、かつ実験魚道下流で、産卵床が増加しているということです。

魚道実験によるサクラマスの遡上と産卵行動への悪影響を、指摘する声があがっています。

今回の発表では、この件に関する「魚類専門家会議」の眞山紘委員(元・さけます資源管理センター)によるコメントが付記されています。(続き)

【Aki】
9月22日現地調査後の眞山委員のコメント

●魚道下流約120m(一ノ沢合流点より下流)において、サクラマス等が多く確認されることについて

・もし魚道が障害となっているのであれば、サケの捕獲施設のように直下に集団で滞留しているはずですが、魚道直下にはほとんど滞留が生じていません。
・流れのゆるやかな淵等でサクラマスが一時的にとどまることは一般的です。魚道上流部でも昨日時点において淵にサクラマスが多数確認されており、魚道下流部においてのみ確認しているということではありません。
・魚道ではここ数日にわたって一日あたり40~50尾の遡上を確認されており、淵にいるサクラマスも順次遡上しているものと思われます。


●魚道下流部から名寄川合流点までに産卵床が多く確認されていることについて

・今回確認された産卵床は従来から確認された場所が大半です。
・現在、サンル川では産卵遡上期としては例年になく渇水状態が長期化しており、流量が通常より少ない状態にあるため、サクラマスの遡上行動を誘発しにくい状態にあります。
・現在行っている魚道上流部の産卵床調査においても、従来とくらべて本川沿いに非常に多く産卵床が確認される一方、流量の少ない支川では確認数が少なくなっている状況が見られます。

 以上のことから、現時点では魚道試験が上記現象の主要因とは考えづらく、今後の流況変化に期待しつつ引き続き下流部の状況に留意しながら調査を行うことが適切と判断します。



★川をせき止め、浅瀬に人工の滝をつくって行なわれる今回の「魚道実験」と、河川に大きな手を加えず、流れの中に網や柵をわたして行なわれる、ウライによる「サケの捕獲」とを同一視する眞山委員のコメントは、科学者として、サケマスの専門家の回答としては、疑問が残るものです。

 サクラマスを対象として、実際の川をせき止めて行なわれる「魚道実験」は先例がなく、魚の行動は大部分が未知であると考えるべきです。サケの捕獲施設でサクラマスの魚道に対する反応を知ることができるならば、最初からこのような「実験」じたいが必要ありません。

 この実験では、科学実験の基礎である「対照実験」が行なわれていませんので、現在の状況について、この状態はこうである、原因はこれであると、科学的に判断することはできません。
 しかし、おかかえの学者を現地に呼び、「問題ない」というコメントを出してもらわねばならない事態であることだけは、確かなようです。

※同様の実験は、実は各地ですでに行なわれています。各地のダムの、まともに機能していない魚道施設そのものが「魚道実験」であり、その結果は、「サクラマスなど魚類の激減」というかたちで、すでに明らかになっています。
 科学者であるならば、行政の都合(あるいは自分の都合)に合わせた勝手な解釈をするのではなく、現実に生じている現象に対して、ただ謙虚であるべきです。

◆この魚道実験は、北海道栽培漁業振興公社が請け負って実施しています。また、「実験続行」のコメントを出した眞山委員は、同公社の技術顧問の役職に就いています。

【Aki】

実験魚道下流の様子(9月17日)

[2010/1/12 追記]
専門家委員個人の所属と、実験続行の判断について述べた上記内容について、「誤解」であると、関係の方より指摘を受けています。

関連記事

comment

Secret

おすすめ図書


リロードで変わります。
サンル川Nowにようこそ!
サンル川は、
北海道北部を流れる天塩川の上流、
下川町内の小さな川です。

2009年度の冬に予定されていた
ダム本体着工は、
一時延期となっています。




You Tube Think Green
You Tube Think Green
サンル川-サクラマスのふる里
掲 載 中




画像・映像資料の提供は、基本
的に有料で承ります。下段メール
フォームよりお問い合わせください。

※個人Webサイト上の非営利利用
に限り、人物写真を除き、出典
明示の上フリーとします。
各自の責任においてご使用下さい。

◆ サンル川 Now ◆
http://seseragi55.blog64.fc2.com/
◆沙流川ダム問題◆
http://saruriverdam.web.fc2.com/
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
新着記事
カテゴリ
プロフィール

seseragi55

Author:seseragi55
Sasaki Akira

ブログ内の検索
サンル川リンク
御意見、御問いあわせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
サンル川と下川町MAP

詳しい地図は こちら
天気情報


-天気予報コム- -FC2-
月齢
CURRENT MOON
ナショナルジオグラフィック
おすすめ品














ます寿司は、桜鱒を用いた
日本の伝統的な食品です





安定性・高速性に優れた
日本製メモリーカード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。