スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

降下なければ効果ナシ

サンル川のサクラマス

サクラマスは、川の上流で生まれ、海に下って成長し、
また川を上流まで遡上して産卵を行なうサケの仲間です。
降海前の稚魚と、降海せずに川で一生を過ごすオスは、
ヤマメと呼ばれ、渓流釣りの人気魚種です。

サクラマスは高級魚であり、水産資源としても重要です。
しかし、各地のダム建設など河川環境の悪化に伴って漁獲量は激減し、
北海道の現在の漁獲量は、年間500トン程度、1970年代の1/4になっています。


●二風谷ダム魚道・降下の効果は0.7%


ダムを建設して、かつサクラマスを最低限にでも保全するためには、ダムを親魚が遡上したら(ほとんどしていないけど)、こんどは生まれた稚魚が、ダムを下ることができなければなりません。

今回も、日高地方を流れる沙流川に建設された二風谷ダムを例として、魚道をとおって川を下るサクラマス稚魚の実態について見てみましょう。

北海道開発局は、二風谷ダム魚道の、サクラマスの降下に関する効果について、「経年的に魚道を降下していることから、親魚は沙流川に回帰している」と、ダム等フォローアップ委員会の了承を得て、自己評価しています。(2008年第169回国会参議院質議)

二風谷ダムには、洪水調節主ゲート(7門)、左岸クレストゲート(5門)、右岸クレストゲート(1門)、魚道、発電用水路(利水放流口)といった、多数のゲートが配置されています。
このうち、日常的に放流を行なっているのは、発電用水路(30m3/s)、魚道(0.3m3/s)、洪水調節主ゲート(放流量不定)です。

nibutanigyodou04.jpg

北海道栽培漁業振興公社が行なっている降下調査の結果では、発電用水路をとおって降下したのは81%、主放流ゲートをとおって降下したのは18%、魚道を通って降下したのは0.7%でした。
二風谷ダムの魚道は、開発局の自己評価とは正反対に、サクラマス稚魚の降下には、ほとんど役に立っていないことが明らかです。

nibutaigyodoukouka01.jpg

サクラマス稚魚は、ダム湖の中を、上流から下流に向かいます。ダム湖の最下流であるダム堤体には、複数の放流ゲートがあります。
魚がダムを見て、「このゲートが魚道、あのゲートは発電用水路」など区別するわけはありませんから、流量が大きな発電用水路に入ってしまう魚が多いのは、当然のことです。
ダム堤体に設置された二風谷ダム方式の魚道は、流量が小さいというだけで、降下の効果も著しく小さくなります。

dam-zyouryuumen.gif


●ダム堤体を通過できる稚魚は7割

では、降下のために、発電用水路に入った81%のサクラマス稚魚は、無事に下流にたどりついているのでしょうか。

平取ダム計画に先立って、アイヌ文化保全の観点から平取町がまとめた「アイヌ文化環境保全対策調査」の報告書では、発電水路に入ったサクラマス稚魚の行方に関する報告がされています。

hatudensuiro.jpg

この報告によって、発電用水路を下るサクラマス稚魚の17%は、発電機のタービン羽などによって損傷しており、また18%は、下流に到達できずに、途中で分岐する農業用水路に迷いこんでしまっていることが明らかになりました。
二風谷ダムの発電用水路を下る81%のサクラマス稚魚の35%は、下流に無事に下ることができないのです。
これは、ダム堤体を下るサクラマス稚魚全体の28%になります。
魚道を下るサクラマス稚魚は全体の0.7%ですから、ダム堤体の通過時に失われるサクラマス稚魚の数は、魚道の降下数の40倍です。


●魚道と関係ない自己評価

「親魚は沙流川に回帰している」という開発局の自己評価も、魚道の効果(ほとんどない)とは関係ありません。

サクラマス親魚は、沙流川にまったく回帰していないわけではありません。しかし、二風谷ダムを遡上できるサクラマス親魚は、年平均6尾しか確認されていません。

降下調査についても、天然魚だけでは魚が少なすぎてデータが得られないため、毎年1万尾~6万尾もの稚魚(降海型スモルト)を、ダムの上流に放流して行なっています。
魚道を下る0.7%のサクラマス稚魚の中の、さらに少ない天然魚と、魚道を遡上する年間数尾のサクラマス親魚の関係は、きわめて小さいと考えるのが当然。

「魚道の効果」が積極的に評価されるのは、膨大な稚魚放流によらずとも、サクラマス、ヤマメを中心とした沙流川の魚が、ダム建設以後にも、生息数.魚種ともに維持される場合だけです。
魚道設置に80億円を費やすも、二風谷ダムの現状は、「魚道の効果」とはほど遠いと考えるのが一般的でしょう。

◆二風谷ダムを遡上したわずかなサクラマスが、ダムの上流で正常に産卵活動を行なっているのか、そして自然状態として正常に稚魚が育ち、降海しているのかどうかは、確認されていません。「天然魚だけでは魚が少なすぎてデータが得られない」というのが、北海道栽培漁業振興公社が報告した事実です。
関連記事

theme : 動物・植物 - 生き物のニュース
genre : ニュース

comment

Secret

怪しい魚道工事

初めまして。「北口ゆうこう」さんという人の数年前のブログ(携帯webでサンルダムでHit)にサンルの事が書かれているのですが、対するコメントに2008年9月1日に怪しい工事が行われたとありました。どう思います?開発が極秘で指示したか、きょうゆう建設が開発に隠して何か行ったとしか思えませんよね。

Re:怪しい魚道工事

TOMさん
コメントありがとうございます。

サンル川下流付近では、9月1日の19時~21時台に、総雨量4mmほどの弱い降雨が記録されています。

当日の「怪しい工事」については、具体的な状況がわからないため、何ともいえません。

現場の異常な状況は、できるだけ具体的・詳細に、記録・報告をしていただけましたら幸いです。

魚道まで行って来ました。

9月1日の17時過ぎ、現地は物凄い豪雨だったので覚えていると言う方と出会えました。時間は17時半頃から1時間程度。川の中にバックホーを入れて川底をかき回していたらしいです。その間も、いつもの様に警備員が交通制限していた様です。

Re:魚道まで行って来ました。

Tomさん
詳しいお話をいただきまして、ありがとうございます。
当時の状況について、調べてみました。

「魚道実験」が行なわれたサンル川のダム堤体予定地では、6月下旬に北海道開発局がカワシンジュガイ(絶滅危惧種)の採集と移動を行なっています(274個体)。
このとき、開発局は「全ての貝を移動した」、「取り残しは数個」と説明しました。
しかし、地元の住民団体(下川自然を考える会)が追調査を行なったところ、さらに13個体のカワシンジュガイが確認されました。
[参考記事]
http://blogs.yahoo.co.jp/sanru_hokkaido/57455719.html

このため開発局は採集作業を追加し、合計6回の採集・移動を行ないました。9月1日に最後の採集が行なわれ、合計約600個体が採集・移動されました。開発局は再度、「97%の貝を移動した」と発表しました。

Tomさんからお知らせいただいた、「17時頃、川に重機を降ろして、川底をかき回していた」という御報告は、この「最後の採集作業が終わった後」のことになります。

魚道実験の実施を急ぐ北海道開発局が、住民団体による追調査とカワシンジュガイのさらなる発見をおそれて、カワシンジュガイの生息場所を破壊することにより、「証拠隠滅」をはかったことが推測されます。

おすすめ図書


リロードで変わります。
サンル川Nowにようこそ!
サンル川は、
北海道北部を流れる天塩川の上流、
下川町内の小さな川です。

2009年度の冬に予定されていた
ダム本体着工は、
一時延期となっています。




You Tube Think Green
You Tube Think Green
サンル川-サクラマスのふる里
掲 載 中




画像・映像資料の提供は、基本
的に有料で承ります。下段メール
フォームよりお問い合わせください。

※個人Webサイト上の非営利利用
に限り、人物写真を除き、出典
明示の上フリーとします。
各自の責任においてご使用下さい。

◆ サンル川 Now ◆
http://seseragi55.blog64.fc2.com/
◆沙流川ダム問題◆
http://saruriverdam.web.fc2.com/
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
新着記事
カテゴリ
プロフィール

seseragi55

Author:seseragi55
Sasaki Akira

ブログ内の検索
サンル川リンク
御意見、御問いあわせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
サンル川と下川町MAP

詳しい地図は こちら
天気情報


-天気予報コム- -FC2-
月齢
CURRENT MOON
ナショナルジオグラフィック
おすすめ品














ます寿司は、桜鱒を用いた
日本の伝統的な食品です





安定性・高速性に優れた
日本製メモリーカード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。