スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンルダム魚道の問題(専門家会議)

 実験魚道正面 サンルダム階段魚道
サンル川のサンルダム予定地で行われた魚道実験と、サンルダムに計画される魚道(階段区間)のイラスト。


 今まで見てきたように(まだ紹介が途中ですが)、サンルダムは、洪水対策(治水)、水道用水(利水)、発電という、ダムの3つの建設目的に対し、実際にはほとんど効果がないこと、あるいは、そもそもの建設目的が、具体的に存在していないことが明らかです。


 そして、ダム建設にともない、多くの問題が新たに発生することが、また明らかです。


 北海道開発局は、流域委員会を閉じた後、サンルダムの環境対策について、バイパス魚道(ダム湖全体を迂回)の建設が最適であるとしました。そして、「天塩川魚類生息環境保全に関する専門家会議」(以下魚類専門家会議)を組織し、魚類(主にサクラマス)の遡上対策を、開発局と関係の深い専門家に検討させてきました。


 魚類専門家会議は、開発局が決めたダム建設と魚道設置を前提条件とした上で、サンルダム建設による魚類への影響を減らす方法を検討するため、サクラマス遡上・産卵期に、サンル川の本川を締め切って調査用魚道を設置して魚道実験を行い、議論を行いました。


 20089月に、サンル川のダム予定地で行われた魚道実験に対して、地元の自然保護団体である「下川自然を考える会」より、「サクラマスの遡上と産卵に影響が出ている」として、実験の中止が要請されました。しかし、開発局と魚類専門家会議は、「影響はない」として、9月末まで、予定通りに魚道実験を行いました。


 魚道実験終了後の魚類専門家会議では、魚道実験とサンルダムの魚道について、多くの課題(問題)が示されました。


 今回は、魚類専門家会議から示された、これらの課題(問題)を紹介します。


サンルダム魚道全景
サンルダムに計画されるバイパス魚道の全景。
落差29mの階段区間と、延長9kmでほぼ水平な水路区間、魚道に水と魚を引き入れるための分水施設(堰)からなる。バイパス水路の下流側約1.5kmは、サーチャージ水位時には水没するとみられる。



●第7回委員会(2008年11月11日)

真山委員

・調査用魚道を途中で下った魚の追跡をしなかったことが、魚道の評価、魚の行動を把握するために、非常に障害になっている。

・調査用魚道の影響を否定できない。今年1年の調査では何ともいえないというのが、正直なところ。

・ダムに計画される魚道は10kmもある。非常に単調な魚道を、成熟の進んだ魚がうまく上流までたどり着けるのかどうか。途中で戻ってしまうのではないか。

・非常に環境の悪い魚道で産卵してしまう魚が出るのではないか。

・うまく魚道を遡上したとして、魚道出口付近の産卵密度が非常に大きくなるのではないか。

・これらの懸念を、どのように対応できるのか。解決できないと、魚道の計画もうまくいかないだろう。


安田委員

・魚道によって、魚が相当にためらっているということも、確かにあるかもしれない。

・調査の課題についての説明が足りない。ただ魚が上ったというだけでは、何も問題がなかったかのように聞き取れてしまう。

・調査用魚道の形状により、障害が起きているということも、実はある。魚道の施工が終わってから、障害がわかった。(魚道の構造見直しについて、他にも数点)

・現在の魚道設計基準を鵜呑みにすると失敗する。早くまともな設計基準になってほしい。

・ダムの魚道は、5,6段で十分なプールをつくり、休めるようにしないと、魚があきらめる可能性が高くなる。

・魚が密にたまるような環境を作ることは、あまりよくない。

・魚が産卵できる魚道にする考えもある。しかし、ある魚が産卵するときには他の魚を追い払うため、結局は遡上の障害になるかもしれない。


石川委員

・カメラが設置されているが、魚の行動がよくわからない。


妹尾委員

・魚道の中はめちゃくちゃな流れになっている。改良する余地がある。


粟倉委員

・コガタカワシンジュガイの絶滅危惧レベルについて説明を忘れていた。


石川委員

(札幌市のさけ科学館岡本館長、道工大の柳井先生にうかがった話として)
・ダムが土砂移動を止めると、下流で岩盤露出などのいろいろ問題があるだろう、河床材(砂利等)の変化についても気にしている。

・ダムで流量が平滑化されると、逆に下流の植生が荒らされる。ある程度の流量の変化が必要。


辻井座長

・2008年のラムサール会議で、魚類専門家会議の取り組みについて報告を行った。相当長い川を調査し、それを改善する試みについて、かなり注目されたと思う。





●第8回委員会(2008年12月17日)

粟倉委員

・太平洋側の大河川でコガタカワシンジュガイの生息が見られたことには、非常に貴重な調査結果。必要な場合には、移植、モニタリングをする必要がある。


真山委員

・アメマス分布調査の資料は、調べたけれどもいなかったところと、調べていないところの区別がつかない。片手落ち。

・サンル川下流に2つの頭首工(取水堰)があり、魚が非常に遡上しにくい。サンルダムのあるなしにかかわらず、まずこちらを改善する必要がある。そのうえでサンル川の調査結果を見たい。


安田委員

・魚が相当に疲れた状態で調査用魚道に接近し、そこで遡上しにくい、といった議論は本当にあると思う。少なくともダムが建設され完成する前の段階で、環境対策をきちんとするべき。

・平成18年は出水で産卵床が乱された。今年(平成20年)は水量が少なかった。魚の数の多い少ないだけで判断することは、非常に危険。

・バイパス水路の部分の議論ができていない。もっと細かい議論をする場が必要。


井上委員

・バイパス水路の検討が全然できていない。上がるところから分水施設までの議論を相当やらないと、魚道の問題は解決しない。


妹尾委員

・バイパス部分は勾配が1/2000しかなく、一般の河川から見ると緩やかすぎる。流量も非常に小さい。魚が上から丸見えになると、魚は行動しなくなってしまう。もっとサクラマスにあったものを考える必要がある。


安田委員

・専門家会議の時間では、バイパス水路の具体的な議論をする時間はほとんどないだろう。この部分をきちんと詰めないと、魚道は成功しない。

・土砂崩れで魚道が埋まってしまうかもしれない。積雪も非常に多い。これから細かいところまで考えないと、効果的なバイパス魚道は無理。

・管理に手がかからない魚道が必要。河川の生態系保全や、連続性確保のためには、後世に負の財産をなるべく残さないよう、管理が最低限に済むことが必要不可欠。

・今後、具体的な検討をするための委員会をつくるとしても、今までの議論が白紙に戻らないようにしていただきたい。新たな委員会を作ると、初めから同じことをくりかえす形が非常に目立つ。何度も同じことを繰り返すだけでは、本当に意味がない。


●各意見は、「天塩川魚類生息環境の保全に関する専門家会議」(北海道開発局旭川開発建設部)より。委員意見は、前後の発言より、趣旨を変えずに補足・要約してあります。



(注1)各委員より幾多の課題(問題)が指摘され、実現困難という意見が多かったバイパス水路魚道ですが、2008年12月に魚類専門家会議より提出された「中間報告」では、「更に詳細な検討が必要」という一言だけで済まされています。

(注2)「魚道問題」は、サンルダム計画に内包されるさまざまな問題の、ごく一部の議論にすぎません。今後、専門家会議が示した幾多の問題を解決し、魚道がかりにうまく機能したとしても、ダムの問題の大部分は、何ら解決されません。
関連記事

theme : 環境問題
genre : ニュース

おすすめ図書


リロードで変わります。
サンル川Nowにようこそ!
サンル川は、
北海道北部を流れる天塩川の上流、
下川町内の小さな川です。

2009年度の冬に予定されていた
ダム本体着工は、
一時延期となっています。




You Tube Think Green
You Tube Think Green
サンル川-サクラマスのふる里
掲 載 中




画像・映像資料の提供は、基本
的に有料で承ります。下段メール
フォームよりお問い合わせください。

※個人Webサイト上の非営利利用
に限り、人物写真を除き、出典
明示の上フリーとします。
各自の責任においてご使用下さい。

◆ サンル川 Now ◆
http://seseragi55.blog64.fc2.com/
◆沙流川ダム問題◆
http://saruriverdam.web.fc2.com/
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
新着記事
カテゴリ
プロフィール

seseragi55

Author:seseragi55
Sasaki Akira

ブログ内の検索
サンル川リンク
御意見、御問いあわせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
サンル川と下川町MAP

詳しい地図は こちら
天気情報


-天気予報コム- -FC2-
月齢
CURRENT MOON
ナショナルジオグラフィック
おすすめ品














ます寿司は、桜鱒を用いた
日本の伝統的な食品です





安定性・高速性に優れた
日本製メモリーカード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。