スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンルダム魚道実験始まる

2009年の実験魚道-2 2009年の実験魚道-1
 ●2009年の実験用魚道の様子。写真はサンルダム建設事業所の発表資料より。クリックで拡大します

 サンルダム予定地における、2009年度の魚道実験が、8月10日より開始されています。

 サンル川全体を大型土嚢で堰き上げし、魚(サクラマス等)の自由な往来を阻止するとともに、ポンプアップした水を、実験用魚道に流しています。 魚が実験区間を遡上するためには、実験用魚道を通過しなければなりません。また、実験用魚道の構造により、実験施設上流の魚が、施設下流に移動することはできません。
 実験用魚道の大きさは、落差が約1.8m、距離が約18mであり、サンルダムに計画される魚道(階段魚道区間)の1/16です。ポンプアップ流量は、0.3m3/s前後のようです。

 北海道開発局旭川開発建設部(サンルダム建設事業所)は、魚道実験のデータを、Webサイト上で随時公開するとしています。初回の発表によると、8月10日のサクラマス遡上数は0尾ということです。
 なお、どれだけのサクラマス等がサンル川の遡上を試みたのか、また魚道周辺の状況について等は、発表資料に記されていません。

 今年は、実験用魚道が若干改修され、内部の階段の仕切り板と、川への落下部の形状が変更されているもようです。魚道全体には黒いカバーが掛けられ、魚の遡上に対する観察者の影響を低減するとともに、実験の状況を、国民から「目隠し」することになっています。

 国内最大のサクラマス遡上河川で、遡上・産卵期に川そのものをせき止めて実施する魚道実験としては、いっそうの慎重さと、リアルタイムでの情報公開等、いっそうの透明性が必要と思われます。
関連記事

theme : 環境問題
genre : ニュース

おすすめ図書


リロードで変わります。
サンル川Nowにようこそ!
サンル川は、
北海道北部を流れる天塩川の上流、
下川町内の小さな川です。

2009年度の冬に予定されていた
ダム本体着工は、
一時延期となっています。




You Tube Think Green
You Tube Think Green
サンル川-サクラマスのふる里
掲 載 中




画像・映像資料の提供は、基本
的に有料で承ります。下段メール
フォームよりお問い合わせください。

※個人Webサイト上の非営利利用
に限り、人物写真を除き、出典
明示の上フリーとします。
各自の責任においてご使用下さい。

◆ サンル川 Now ◆
http://seseragi55.blog64.fc2.com/
◆沙流川ダム問題◆
http://saruriverdam.web.fc2.com/
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
新着記事
カテゴリ
プロフィール

seseragi55

Author:seseragi55
Sasaki Akira

ブログ内の検索
サンル川リンク
御意見、御問いあわせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
サンル川と下川町MAP

詳しい地図は こちら
天気情報


-天気予報コム- -FC2-
月齢
CURRENT MOON
ナショナルジオグラフィック
おすすめ品














ます寿司は、桜鱒を用いた
日本の伝統的な食品です





安定性・高速性に優れた
日本製メモリーカード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。